はじめての石見神楽

地元石見の人々に愛され、大切に守り伝えられる石見神楽の基本情報を解説。

Photos:西村 愛

魂を揺さぶる熱き鼓動を体感せよ。

観るものの目を奪う、煌びやかで美しい衣装。
八調子を刻む、軽快な太鼓のリズム。
心踊る賑やかな笛の音。
石見神楽に多くの説明は必要ない。
実際に来て、体感するだけ。それですべてがわかる。

伝統を守りつつ、絶えず進化し続ける。石見神楽の魅力

  • 石見神楽
  • 石見神楽
  • 石見神楽

石見神楽はもともと、秋の収穫期に自然や神への感謝をあらわす神事として、神社で夜を徹して奉納されるものだった。

その後、徐々に大衆芸能として幅広く民間で楽しまれるようになり、現在のようなステージイベントや舞台公演として親しまれるような形へと変化を遂げた。

石見神楽は今もなお、現在進行形で進化している。

この「古き良き伝統を大切に守り、未来へつなげる心」と

「従来のスタイルだけにとらわれることなく、常に新しいものを取り入れる精神」が融合しながら守り伝えられているところに、石見神楽の大きな魅力がある。

石見神楽かんたん解説を見る
(外部サイトへ)

ヒーローが悪者をやっつける!単純明快なストーリーで誰でも楽しめる。

  • 石見神楽
  • 石見神楽
  • 石見神楽

様々な演目が繰り広げられる石見神楽だが、その多くは日本神話のヒーローもの。

スサノオが暴れまわるヤマタノオロチを華麗に退治する「大蛇(おろち)」。

神二人、鬼二人が対決する、鬼舞の代表的な神楽「塵輪(じんりん)」。

単純明快ないわゆる「勧善懲悪」ストーリーは、初めて石見神楽を鑑賞する人にもわかりやすく、スカッとするものばかり。

予備知識なしに誰でも楽しめるから、小さな子供にも熱烈な石見神楽ファンが多い。

石見神楽演目紹介を見る
(外部サイトへ)

石見神楽おすすめ演目を見る
(外部サイトへ)

担い手は意外にも地域の人たち。暮らしの中にある石見神楽。

  • 石見神楽
  • 石見神楽
  • 石見神楽

伝統芸能、と聞くとやや堅苦しいイメージを持つ人も多いかもしれないが、石見神楽はあくまで楽しい。

石見地方の人々にとって神楽は、いわば「生活の一部」である。

小さな頃から当たり前に神社に神楽を見に行き、家族や近所の人たちと楽しい時間を過ごす。

秋の神楽の夜にだけ、夜更かしが公然と許されるのだから、子供たちにとってはワクワクするイベントである。

普段は普通の大人だと思っていた近所のおじさんが、神楽の夜にはたちまちスーパーヒーローに変身し、鮮やかに鬼を退治してみせる。

「かっこいい!いつか自分もあんな風に舞いたい!」石見の子供たちはみなそんな夢を抱く。

こうして大人になった子供たちが、放課後の部活のように集まって、熱心に神楽の練習に励む。

石見神楽はそのくらい石見の人々の生活の中に溶け込んでいる。

石見神楽まめ知識を見る
(外部サイトへ)

一年中石見のどこかで鑑賞できる。さらに本来の神楽も。

  • 石見神楽
  • 石見神楽
  • 石見神楽

石見神楽を見たい!と思えば、年間を通じて石見各地で行われている神楽公演のスケジュールをチェックするといい。

週末になると、毎週のようにどこかで公演が行われている。

まずは気軽に石見神楽を楽しみたい、という方なら、市民ホールで、道の駅の屋外ステージで、温泉街の神社で、と様々なロケーションで様々な演目を鑑賞することができる。

さらに本来の雰囲気を味わいたいなら、秋の奉納神楽がおすすめ。

本来は地元の住民たちのお祭りの一部として開催されるものだが、観光客も自由に観覧もできる。

夜通し数々の演目が繰り広げられ、お酒を飲みながら自由なスタイルで鑑賞できるのが楽しい。

また、年に一度しか行われない温泉津の「海神楽」は、わざわざ訪れてでも観る価値のあるイベントだ。

日本海に沈む美しい夕日をバックに、ダイナミックな神楽の舞を堪能できる。

石見神楽上演予定を見る
(外部サイトへ)

  • 石見に来たらやりたい30のこと
  • フォトギャラリー
  • 都会で戦うあなたへ。石見休暇のススメ